• ホーム
  • 保存協会概要
  • 伝統工芸品一覧
  • お問い合せ
伊勢伝統工芸保存協会について

今はなき伊勢の伝統工芸 番傘・団扇
番傘

轆轤に五十本の骨を使った骨太傘

番傘(ばんがさ)

轆轤に五十本の骨を使った骨太傘

解説

明治初め、御師の廃絶に伴い職を失い、傘張りで生計をたてる者が多くなりました。その後、隆盛を極め、昭和十、十一年頃には宮川町一帯に下請けを含め百軒を超すほどに。 しかし戦後は洋傘の出現により衰退の方向へ進み、現在、伊勢には生産者はいなくなりました。

概要
伝統工芸品名 番傘(ばんがさ)
使用時代 江戸末~現在
使用材料 竹・和紙・糊・柿渋・荏油
特徴 骨太・廉価・丈夫 骨の取り付け轆轤径2寸に50本の骨。
団扇

宣伝道具、納涼用として製作

団扇(うちわ)

宣伝道具、納涼用として製作

解説

神宮の門前町として栄えた伊勢では商業活動が活発であり、団扇はその宣伝道具の一つとして利用されました。また装飾性の高い納涼用の団扇も多く作られました。

概要
伝統工芸品名 団扇(うちわ)
使用時代 江戸~現在
使用材料 竹・紙・糊
特徴 竹骨紙張り団扇
浅沓

丁寧な手仕事が生む漆黒の艶

浅沓(あさぐつ)

丁寧な手仕事が生む漆黒の艶

解説

神宮の門前町として栄えた伊勢には神職の調度類の製作、補修の仕事が数多くありました。その一つ、浅沓は代々神官の浅沓師として仕えた伊勢市桜木町の久田家(ひさだけ)が担っており、後継の西澤利一氏が伊勢でただ一人の浅沓師としてその伝統を守っておられましたが、後継者がいない現在、伊勢でその伝統を守る生産者はいなくなってしまいました。

概要
伝統工芸品名 浅沓(あさぐつ)
使用時代 江戸~現在
使用材料 和紙・柿渋(かきしぶ)・蕨粉(わらびこ)・桐板・砥の粉(とのこ)・地の粉(じのこ)・生漆(きうるし)・蠟色漆(ろいろうるし)
特徴 和紙による一閑張り型作り、本堅地蠟色塗立(ほんかたじろいろぬりたて)仕上げ

  • ホーム
  • 保存協会概要
  • 寄附行為
  • 伝統工芸一覧
  • 地域特集
  • リンク集
  • お問合わせ
copyright isetopia

ホームページ制作(リニューアル・更新業務)WEBシステム開発 UNION